top of page

大崎麻子

ジェンダー・スペシャリスト

特定非営利活動法人 Gender Action Platform 理事

(株)Think Impacts ジェンダーアドバイザー

​BIPROGY株式会社 ​独立社外取締役

HP_prof.jpg
プロフィール

上智大学卒。米国コロンビア大学国際公共政策大学院修了(国際関係修士、国際人権・人道問題専攻)。国連開発計画(UNDP)でジェンダー平等と女性のエンパワーメントを担当し、世界各地で女性の教育、雇用・起業、政治参加促進等のプロジェクトを手がけると同時に、UNDPにおけるジェンダー主流化の推進に従事した。東日本大震災の復興支援を機に日本国内のジェンダー問題にも取り組むようになる。現在は、国際基準・国際動向を熟知するジェンダー専門家として、グローバルと日本、公共政策と民間セクターをつなぐ活動を行っている。大学院在学中に長男を、国連在職中に長女を出産し、子連れ出張も多数経験。

近著に『エンパワーメント:働くミレニアル女子が身につけたい力』(経済界)、『豊岡メソッド:人口減少を乗り越える本気の地域再生手法』(日本経済新聞出版)。

公的機関
  • 内閣府男女共同参画会議計画実行・監視専門調査会委員

  • 外務省「女性・平和・安全保障に関する行動計画」評価委員

  • 外務省「国際女性会議WAW!」アドバイザー

  • 内閣府・経産省ISO/PC337(ジェンダー平等推進のガイドライン)国内委員会委員及びISO国際起草ワーキンググループにおける日本代表(エキスパート)

  • 兵庫県豊岡市ジェンダー平等推進アドバイザー

  • 東京都港区学校教育推進計画検討委員会副委員長

市民社会組織
  • 特定非営利活動法人Gender Action Platform理事

  • 公益財団法人みらいRITA/シャネル財団協働プログラム「YUIみらいプロジェクト」ジェンダーエキスパート

 
企業
  • BIPROGY株式会社 独立社外取締役

  • 森永製菓株式会社 サステナビリティアドバイザリーボードメンバー

  • (株)Think Impacts ジェンダーアドバイザー

企業向けリソース制作
  • 国連「女性のエンパワーメント原則(WEPs) 」「WEPs透明性とアカウンタビリティのためのフレームワーク」日本版ハンドブック企画・制作(グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン/GCNJとの共同企画)
     

  • グローバルコンパクトネットワークジャパン「SDGs進捗レポート:GCNJ会員企業・団体の取組現場から」(2022,2023)ジェンダー目標の設問設定・分析・講評
     

  • 「WEPsメソッド:男女間賃金格差の要因分析と行動計画の素案づくり」企画・制作(国民生活産業・消費者団体連合会/生団連との共同企画)

bottom of page