top of page

プラン・インターナショナル・ジャパン「ガールズ・リーダーシップ・レポート2023」


プラン・インターナショナル・ジャパンの「ガールズ・リーダーシップ・レポート2023」は、日本における女の子と若年女性のリーダーシップの現状を、データを用いて包括的に報告しています。そして、日本の15~24歳の女の子および若年女性がリーダーとして活躍するためには何が必要かを分析し、「保護者」「学校」「政府・地方自治体」「自治体」「民間企業」等に対して具体的な提言を行っています。


レポートは、女の子が政治や経済、地域社会で活躍することを躊躇する背景に、年齢が上がるにつれて内面化されていく女の子自身のジェンダー・ステレオタイプがあることを指摘しています。固定化されたジェンダー・ステレオタイプは、女の子への期待の低さや、進路選択の制約につながり、彼女たちの将来にも大きな影響を及ぼしていることなど、具体的なデータを基に紹介・提言しています。ぜひ、お読みください。


こちらからダウンロードしてください。

2023_leadership
.pdf
ダウンロード:PDF • 3.22MB




最新記事

すべて表示

CSW日本代表に就任しました

この度、第68回国連女性の地位委員会(Commission on the Status of Women)の日本代表を拝命いたしました。 3月12日から国連本部で開催される会議に先立ち、3月7日に今年の優先テーマ「Accelerating the achievement of gender equality and the empowerment of all women and girls by

助成金プログラム「YUIみらいプロジェクト」が始まります!

公益財団法人みらいRITAとシャネル財団(https://www.fondationchanel.org/)がパートナーシップを結び、日本国内でジェンダー平等を推進するための助成金プログラム「YUIみらいプロジェクト」を立ち上げました。 総額約1億3千万円規模のプログラムで、社会変革を後押しする取り組みを支援します。私はジェンダーアドバイザーとして関わっています。 団体への個別の支援はもちろんのこ

BIPROGY株式会社の社外取締役に就任しました

本日、BIPROGY株式会社の社外取締役に就任いたしました。 ジェンダーや人権の国際基準は、各国の法整備を通じて、企業経営にも影響を及ぼしています。日本の弱点・リスクが「ジェンダーギャップ」なのは、先般発表された世界経済フォーラムの125位という順位を見ても明らかです。また、人権デューディリジェンスにおいても日本の人権リスクは「性差別」(男女間賃金格差、管理職・役員における女性比率の低さ、セクシュ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page